カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

出会いと会話がパワーの源 日曜朝一で販売34年 愛知・日進市 小池美代さん

 「続けることが大事」―愛知県日進市の小池美代さんは、朝市で野菜の販売を続け34年。81歳になる今も毎朝軽トラックで田んぼや畑に通い、日曜の朝市に出す野菜の手入れを欠かさない。農産加工も地域の人たちに教えている。朝市でのお客さんとの出会いが美代さんの元気の秘訣(ひけつ)だ。

 [2010-5-14]