カテゴリータイトル

耕作放棄地対策

すべての記事を読む

長崎県で農地再生へ県民大会

 【長崎】県農業会議と県内各農業委員会は2日、耕作放棄地の解消と農地の持続的活用を目指し、「緑の農地再生と農地の活用強化に向けた県民大会」を諫早市で開き、県内全域から、農業委員や認定農業者、農業法人、農業関係団体のほか、農外企業・法人や関係機関の職員など900人以上が集まった。大会では講演やパネル討議が行われ、耕作放棄地解消に向けた取り組みや課題、今後の推進方策などについて熱心に話し合ったほか、2010年度中に全体で400ヘクタール、認定農業者1人10アール以上、農業法人1社1ヘクタール以上の耕作放棄地解消の実現を決議した。

 [2010-9-10]