カテゴリータイトル

耕作放棄地対策

すべての記事を読む

遊休農地のサツマイモで焼酎づくり――群馬・前橋市

 群馬県前橋市では、遊休農地解消作物モデル事業として「農商工連携」による本格芋焼酎の製造に取り組んでいる。
 生産者、酒卸業者、JA、商工会議所などで構成する「前橋市赤城の恵ブランド推進協議会」を2008年4月に立ち上げ、市を挙げて地域ブランドの創出や、ひいては地域農業の振興、遊休農地の解消を目指している。同年、約63アールの農地から約8.5トンの芋を収穫。本格芋焼酎「赤城の恵」が約8千本出来上がった。

 [2010-9-17]