カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

がんばらない介護実践しよう――がんばらない介護生活を考える会委員 別府 明子さんに聞く

 今年から11月11日は「介護の日」に制定された。高齢化が進み、介護を必要とする人は年々増加している。その中で、介護者が「頑張らなければ」という意識を強く持ちすぎ、ストレスをためるケースが多く見られている。介護される人の気持ちを尊重しつつ、介護者が気持ちを楽に、がんばらない介護を実現するにはどうすれば良いだろうか。がんばらない介護生活を考える会の委員である別府明子さん(品川介護福祉専門学校副校長)に、そのコツをうかがった。

 [2008-11-14]