カテゴリータイトル

女性農業者

すべての記事を読む

就農10年目、新たな挑戦――石川・津幡町 俵 朝子さん

 石川県津幡町の俵朝子さん(60)は、河北潟の干拓地で就農し、今年で10年目になる。金沢市内の非農家に生まれ育ち、結婚後、子育てが一段落してから保険セールスに従事したが、顧客に贈る花に魅せられ、自ら花屋を開店。干拓地での花栽培を勧められ、現在では1.8ヘクタールで花やハーブ類を中心に野菜づくりに取り組んでいる。農業体験も取り入れ、さらなる経営発展に向け余念がない毎日だ。

 [2011-3-18]