カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

地産地消・食育・有機農業を基軸に「食と農のまちづくり」――愛媛・今治市

 愛媛県今治市では、1983年から学校給食に地元農産物を優先的に使用し、有機農産物や特別栽培米、地場産小麦100%のパンを導入するなど、早くから地産池消を積極的に進めるとともに、食育にも力を注いできた。
2006年には「今治市食と農のまちづくり条例」を制定。「地産地消の推進」「食育の推進」「有機農業の振興」の3つのテーマを基軸に進むまちづくりは、市民一人ひとりが地域の農林水産業を支えるのだという意識の下、市民の間にもしっかり定着しつつある。

 [2011-6-17]