カテゴリータイトル

のうねん

すべての記事を読む

広げよう農年 加入者を新たに開拓――長崎・諫早市農業委員会

 長崎県諫早市農業委員会(山開博俊会長)は、2007年度から3年間実施した加入推進前3カ年計画で、目標67人に対し83人(対目標比124%)という実績を挙げた。新3カ年計画初年度の10年度も、目標15人に対し15人を確保するなど着実な歩みを緩めない。
 農業委員改選があった11年度は、農業委員会とJAとの合同会議を開いて加入戦略を練った。加入推進対象者1800人余から戸別訪問する世帯60〜70を選(え)りすぐるとともに、税制メリットや政策支援、貯金と違い終身保障など農年の特徴を徹底して学んだ。
 事務局職員の村田ふみさんは「新任農業委員は制度などには不慣れかもしれませんが、加入者を新たに開拓してくれます」と、改選早々の農業委員の取り組みに期待を寄せる。

 [2011-11-4]