カテゴリータイトル

新規就農

すべての記事を読む

来たれ!新農業人 「成功にはパートナーが重要!」――岩手・八幡平市 梶本 希さん

 岩手県八幡平市で酪農を営む梶本希さん(30)は、就農して5年目。「実家がある松尾地区が酪農地帯で、自然と牛飼いという仕事をやりたいと思うようになった」と語る梶本さんは、高校時代から酪農家を夢見ていたという。高校卒業後、岩手県立農業大学校畜産課程に進み、酪農を専攻、酪農の専門的・実践的知識を身に着けた。
 独立就農したのは、2006年。空き牛舎を見つけ、経産牛13頭を導入、酪農ヘルパーを続けながら経営をスタートさせた。
 「新規就農を成功させるにはパートナーが重要。1人ではなく、2人の目があるというのは大きい」と語る梶本さん。妻と共に家族で6次産業化を目指す。

 [2011-11-18]