カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

食農のひろば NPO法人作り高校生が食育――福岡県立福岡農業高校食品科学科

 福岡県太宰府市にある県立福岡農業高校食品科学科の生徒が設立したNPO法人が話題になっている。高校生が理事長を務める全国でも珍しい法人で、「食育をテーマにした取り組みをより多くの人に知ってもらおう」と意気込んでいる。
 同高の食品科学科では、以前から学校の休みを利用して、市民講座で菓子作りの講習や小学校への出前授業を行っていたが、限られた学校予算での活動では交通費や材料費などは持ち出しで、生徒たちが納得のいく活動をするには難しい状況だった。そこで、講習会の参加費などを活動費に充てることができ、地域社会により密着した活動ができるようにしたいと、2009年9月にNPO法人「イーティング ラブ サークル」を設立した。
 保育園の園児と一緒に無農薬の野菜を作る「作物栽培講習会」や、市の市民講座で地元産のサツマイモを使ったパン作りやイチジクジャム作りの講習会を開くなど、地産地消にも貢献し、食育を体感できる取り組みを行っている。

 [2011-12-9]