カテゴリータイトル

女性農業者

すべての記事を読む

いつでも誰でも食べにおいで!――「ほっと・駅 かたるべ」を仲間と運営する秋田・北秋田市の松井栄子さん

 秋田県北秋田市の「ほっと・駅 かたるべ」は、元JA職員の松井栄子さん(54)がJAに勤めた仲間5人とオープンしたレストラン。「いつでも、誰もが」食べたくなる地元食材満載の定食が好評だ。
 松井さんは「特別変わったメニューはないけれど、誰が毎日食べにきてもいい。そんなメニューを心がけています」と話す。一人暮らしのサラリーマンには野菜をたっぷり、健康を気遣う人には油を抜いて提供するなど、それぞれの事情に合わせた配慮を忘れない。
 過疎化が進む中、新しい住民の「拠(よ)り所」としても賑にぎわいを見せており、今後も「町のみんながつながる場にしたい」とさらに活動の輪を広げていく。

 [2011-12-16]