カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

どうなる食品の暫定規制値見直し 来年4月適用を目途に検討スタート

 政府は来年4月を目途に、食品中の放射性物質に関する暫定規制値を引き下げる方向で検討に入った。放射性セシウムで年間5ミリシーベルトとされている許容線量を1ミリシーベルトに見直す。現在、食品ごとの規制値は、野菜類や穀類、肉、卵などがキロ当たり500ベクレル、牛乳・乳製品、飲料水が同200ベクレルに設定されているが、これらも新たな規制値に移行することになる。

 [2011-12-23]