レディGo!とは?
カテゴリータイトル

女性農業委員

すべての記事を読む

農産加工 ここがポイント――「意見大事に商品へ反映を」

 昨年施行された6次産業化法。個人や女性グループの農産物加工や直売、ネット販売などの動きを後押しすると思われるが、競争激化も気になる。そこで、確かな品質管理や商品の顔づくり、販売戦略など成功のポイントについて専門家の話と実践例を紹介する。
  ◇  ◇  ◇
 茨城県農産加工指導センター専門技術指導員の本橋修二さんは、衛生面・品質面の全工程にわたる徹底したチェック、科学的な測定による品質の保持をあげる。(有)時の広告社・プランナーの山本哲士さんは、商品の顔づくりを、「自分の農業と商品に抱く“思いを伝える努力”のこと」という。事業戦略構築研究所AX代表の高木響正さんは、従来の「販路開拓」から「消費者の要望に応える売り方=販路創造」へと発想の切り替えを説く。
 元JA生活指導員で石川県・JA根上加工部会の浜田加代子さんはご飯に家庭の味の総菜をはさみ手軽に食べられる「ごはんば〜が」を開発。大ヒット商品になり加工グループからJAの事業に“昇格”した。商品開発はひとりよがりではなく、ひたすら試食で意見を集め改良に改良を重ねたのが成功のカギ。茨城県茨城町のファームランドさいとうの斉藤絹子さんは、(直売所の)「朝一番のお客さんには目的がある。朝の納品の際に動向をキャッチ。生の声を積極的に拾う」という。

 [2011-12-23]

 
カテゴリータイトル

来月の予定・編集部からのお知らせ

  • 記事はありません。
カテゴリータイトル

女性農業委員へのお知らせ

  • 記事はありません。

「お話畑」投稿フォーム

女性投稿コーナー「お話畑」では、農業・農村・食への意見などを募集しています。
テーマは女性として、農業者として、農業委員として日頃感じていることや課題と感じていること、食育活動や起業活動の紹介、農地問題、担い手不足の現状や就農支援など、なんでも結構です。
下記フォームよりご投稿下さい。

「とりあげて欲しいテーマ・記事への感想」フォーム

全国農業新聞でとりあげて欲しいテーマや記事への感想をお寄せください。