カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

伝統野菜を未来へつなぐ〜高校生が普及・販促に情熱注ぐ山口・日置農業高校生活科学科

 山口県長門市の県立日置(へき)農業高校(中村充範校長)の生活科学科3年生の生徒たちは、生産者が減少傾向にある伝統野菜「白オクラ」に着目し、その普及・販売促進に取り組んできた。発想豊かで、行動力抜群の生徒たちの活動は、同市の農家、関係機関をも巻き込み、白オクラの生産農家や生産量の増加だけでなく、地域の活性化にも大きく貢献している。

 [2012-1-1]