カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

食品新基準での損害も賠償対象に――東電方針

 東京電力は23日、農水省が開いた「東京電力福島原子力発電所事故に係る連絡会議」で食品中の放射性セシウムの新基準値案の施行に伴う損害を賠償の対象とする方針を明らかにした。
 昨年12月下旬の新基準値案の公表以降に、新基準値案を超える食品の出荷自粛や買い控えなどで損害を受けた場合は、賠償の対象とする。農水省は、2011年産米で新基準値案の1キロ当たり100ベクレルを超過した地域での12年産米の作付け制限の考え方を検討しているが、仮に作付け制限が指示された場合には賠償の対象とする。

 [2012-1-27]