カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

JA福島中央会、今年産米作付けに向け要請「制限方針早く示せ」

 JA福島中央会の庄條一会長は9日、民主党農林水産部門会議の原子力災害に関する農林水産物被害緊急対策ワーキングチーム(福島伸享座長)で原発事故に対する要請を行った。
 庄條会長は「農家は、もう種もみを準備して本年度の稲作に備える状況にある」と述べ、2012年産米の作付け制限の方針を1日も早く示すよう求めた。その結果次第では、市町村間調整などを進め、同県内で出来る限り生産数量目標の達成を目指す考えも示した。

 [2012-2-17]