カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

新基準値案に疑問――食の安全・安心財団、食と放射能めぐり意見交換

 食の安全・安心財団は7日、「放射線のリスク評価とリスク管理を巡って」と題する意見交換会を都内で開き、食と放射能を巡る現状と課題を話し合った。
 特に焦点となったのは、食品中の放射性物質の新基準値案。消費生活コンサルタントの森田満樹さんは、新基準値案ができる過程で、リスク低減の程度や検査体制の実行可能性、社会的・経済的影響、費用対効果の検証などの議論がされなかったことを問題視した。

 [2012-2-17]