カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

100超500ベクレル以下でも可能――農水省が12年産稲作付け方針

 農水省は2月28日、2012年産稲の作付け方針を発表した。11年産米の放射性セシウム値が1キロ当たり500ベクレルを超えた地域では作付け制限を実施。100超500ベクレル以下の地域も制限が基本だが、管理計画の下、食品衛生法上の新基準値(100ベクレル)超の米が流通しないことを担保できる場合は、作付け可能とする道を開いた。作付け継続を求める現場の声に同省が配慮した。

 [2012-3-9]