カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

ソルガムでセシウム除染を――4月から福島県内で実証試験

 東電原発事故で放射性物質に汚染された農地をイネ科植物のソルガムで復活させる実証試験が、4月から福島県内で本格的に始動する。実験に乗り出すのは、一般財団法人「東北農業支援ネットワーク」(郡山市)。除染効果の検証とともに、バイオエタノール燃料の製造・販売を目指す。2月に福島県郡山市で開かれた同財団主催の講演会から、その取り組みを紹介する。

 [2012-3-9]