カテゴリータイトル

女性農業者

すべての記事を読む

震災復興のお手伝いを――27歳、新農業委員の岩手・大船渡市・廣澤恵美さん

 東日本大震災による津波で大きな被害を被った岩手県大船渡市で昨年11月、27歳の女性農業委員が誕生した。就任したのは、両親とともに花きを栽培する廣澤恵美さん。震災からの復興を目指す同市の農業者の一代表として、懸命な日々を送っている。
 恵美さんは県立農業者大学校を卒業後、父・友一郎さん(62)が営む広沢農園の一員として就農。日々の管理作業全般のほか、出荷作業や堆肥(たいひ)袋の運搬作業など、力仕事もこなしている。懸命に働く姿が地域から認められ、議会からの推薦で農業委員となった。

 [2012-3-9]