カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

農水省が災害対策本部開催

 農水省は8日、「地震災害対策本部」と「原子力災害対策本部」の合同本部を開き、東日本大震災で被災した2万1480ヘクタールの農地のうち、2012年度の営農再開目標面積8550ヘクタールの9割で除塩が完了または復旧中と報告した。
 原発事故への対応では、米について作付け制限を行う一方、野菜、果樹、茶などは作付け制限を行わず、収穫後の検査で安全性を確保する方針を示した。

 [2012-3-16]