カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

食農のひろば 農業で障害者が生き生き!――社会福祉法人「光友会」(神奈川・藤沢市)

 神奈川県藤沢市の社会福祉法人「光友会」(五十嵐紀子理事長)では、障害者(=利用者)や職員からなる農業班で、無農薬の有機栽培に挑戦。育てた野菜を加工・調理し、弁当を作り、市民の食卓に届けるまでの流れを、利用者は生き生きと取り組んでいる。
 光友会は2011年4月、施設近くの農地を購入。近所の農家や農業委員などの支援も得ながら、この1年で数十種類の野菜を見事なまでに育て上げた。五十嵐理事長は、農業班の頑張りぶりをたたえると同時に、「収穫の喜びを体験することの効果を強く感じている」と話す。

 [2012-3-16]