カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

地産地消給食等メニューコンテスト 学校給食部門の農水大臣賞に(福)ほひえみ福祉会吉田保育所(島根・益田市)

 第4回地産地消給食等メニューコンテストの表彰式が3月16日、都内で開かれた。応募130件の中から学校給食、被災地支援の2部門で6件が受賞。学校給食部門の農林水産大臣賞には島根県益田市の社会福祉法人ほほえみ福祉会吉田保育所のメニューが輝いた。
 今回農水大臣賞を受賞した吉田保育所では、米や野菜、魚介、味噌・醤油に至るまで地場産品をふんだんに使用。農産物は旬にこだわり、魚介・肉類も冷凍物は一切使わない。野菜の納入については毎月1回、地元の生産農家と情報交換会を実施。翌月の収穫に合わせて献立を作っている。
 また、3〜5歳児のグループがお米をといで毎日のご飯を用意するほか、1歳児から対象のクッキング保育では、3歳児からは包丁を使うなど、食育活動にも力を入れている。

 [2012-4-6]