カテゴリータイトル

東日本大震災

すべての記事を読む

12年産福島米 原発被害が深刻 作付け制限7300ヘクタールにも

 政府は5日、11年産米の調査で、1キロ当たり500ベクレルを超えた福島市など3市9地区と同100〜500ベクレル以下の数値が検出された相馬市玉野村に加え、警戒区域、計画的避難区域など計7300ヘクタール(推計値)を12年産米の作付け制限とするよう指示した。
 また、本宮市など6市町28地域や1キロ当たり500ベクレルを超過した数値が検出された地域のうち、作付け制限区域を除く3市6地区、旧緊急時避難準備区域など計7200ヘクタール(推計値)が事前出荷制限となる。農水省が3月9日に示した方針をほぼ踏襲した。
 ただ、出荷制限のかかる地域は、水田の管理計画などを策定すれば条件付きで作付けが認められ、新基準値以下だった地域は全袋検査を行い、100ベクレル以下の米のみ出荷可能となる。

 [2012-4-13]