カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

ミツバチが自然の先生!――富士見高校養蜂部(長野)

 長野県富士見高校には、3年前、ニホンミツバチを飼育する「養蜂部」が発足。部員は現在11人。ミツバチの暮らしやすい環境を目指し活動を続けている。
 その一環として、7月3日、茅野市の「オーベルジュ・エスポワール」で、部員たちが考案した料理をお披露目する「ハニーレストラン」が開催された。

 [2012-7-13]