カテゴリータイトル

女性農業者

すべての記事を読む

自然や動物に惚(ほ)れました 富山市 橋本めぐみさん

 富山市土(ど)(旧大沢野町<おおさわのまち>)の橋本めぐみさん(26)は人がほとんど住まなくなった山間の集落で、水稲プラス養鶏の循環型農業を営む。大学卒業後すぐに親元就農した形だが、本人に「家に戻った」という意識はない。自然や動物とふれあいながら人々との出会いを重ねられる日々にぞっこんなのだ。棚田を渡る風に身を置くとき、「生きる原点がここにある」とさえ感じる。「こんな充実感を他の人にも味わって欲しい」と地域・消費者と結びついた農業を目指す。

 [2012-8-17]