カテゴリータイトル

新規就農

すべての記事を読む

ブルーベリーで就農 教え子20人巣立つ――碓井修蔵さん

 千葉県佐倉市でブルーベリー摘み園を営む碓井修蔵さん(68)は、定年を前に始めた自身の農業を幅広く次世代に伝えようと、新規就農者育成に取り組む。これまでに教え子20人が各地で農業を始めた。
 紫色素アントシアニンを多く含むブルーベリーは眼精疲労回復のほか、整腸作用や血流を良くする効果もあるとされ、園には「ピンコロ農園」と名付けた。ブルーベリーの健康面での機能に重きを置いた本も近く出版する計画だ。

 [2012-9-7]