カテゴリータイトル

新規就農

すべての記事を読む

来たれ!新農業人 非農家の2人が経営継承 山縣(やまがた)聡さん(37)・幸子さん(36)

 山口県周南(しゅうなん)市で、ブドウとナシの果樹園を営む、山縣聡さん(37)と幸子さん(36)夫妻はともに非農家出身。就農4年目の2人は、経営継承により農業の世界に飛び込んだ。経営は順調に推移し、夫婦二人三脚でさらなる拡大を目指す。
 国土交通省で働いていた聡さん。故郷へのUターンを検討していたときに、高齢のため経営を移譲したい農家がいることを知り、就農の決意を固めた。その後、移譲農家で2年間の研修を行い、栽培から経営ノウハウまでを学んでいった。

 [2012-10-19]