カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

アナゴの故郷を発見!

 アナゴ(マアナゴ)は、お寿司や天ぷらの食材として人気がある魚ですが、最近、日本でとれる量が減ってきました。
 その理由を探るためには、アナゴがいつ、どこで、どのような暮らしをしているのかを知る必要があります。しかし最近まで、その一生は謎につつまれていました。

◆親アナゴはどこに?
 アナゴは日本周辺から東シナ海の沿岸に広く生育する魚ですが、卵をもった親アナゴはこれまでどこからも見つかっていません。アナゴの資源を守るためには、卵を持った親を守ることなどが考えられますが、産卵する場所や時期がわかっていませんでした。

 [2013-7-26]