カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

カドミウムを吸収しないコシヒカリ

味変わらず、他品種とのかけ合わせも有効
 植物は、土に含まれる養分やさまざまな物質を吸収しながら成長しますが、この中にはヒトの健康に悪い影響を及ぼすものもあります。そのうちの一つで、過去にイタイイタイ病を引き起こしたことが知られているカドミウムは、食べ物を経由し、長い期間をかけてヒトの体に蓄積され、腎臓の働きを傷つけることがあります。
◆カドミウムの上限を法律で規制
 食品から蓄積されるカドミウムの約半分がお米からと推定されています。このため、お米に含まれるカドミウムの上限が法律で定められています。
 カドミウムをあまり含まないお米を作るため、(1)カドミウムを含まない土と入れ替える(2)穂が出そろう前後の時期に水田の水位を一定に保ち、土からのカドミウム吸収を減らす(3)イネがカドミウムを吸収しにくいようにする物質を水田に撒くなどの対策が取られてきました。

 [2013-9-27]