カテゴリータイトル

くらしと文化

すべての記事を読む

大震災被災地 田植え踊りも復活 民俗芸能学会 福島調査団長 懸田弘訓さんが講演

 東日本大震災とその後の原発事故の影響が今も色濃い福島県浜通地方。同地で田植え踊りなどの民俗芸能が徐々に復活している。それは230年前に起きた「天明大飢饉」からの復興劇にも似る。だが被災者の真の悲しみを癒やすのは至難の業だ。瀕死の状態にある同県の民俗芸能保存に奔走する民俗芸能学会福島調査団長の懸田弘訓さん(77)が都内で講演した。

写真説明=被災した年の8月にいち早く復活した請戸の田植え踊り

 [2015-2-13]