カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

農薬・肥料を管理するアプリ「apras(アプラス)」

 肥料や農薬は農産物を作るためには欠かせないものですが、収穫までに使用した量や回数といった生産工程をきちんと記録し、正しい使い方をすることは安全・安心な農産物を作るためにとても重要です。しかし、肥料や農薬の種類や使用量は作物によってそれぞれ違いますので、多くの種類の作物を作っている農家がすべてをきちんと記録することはとても気を遣い、大変な手間がかかる作業です。

◆スマホを使って楽々記録
 そこで、農研機構北海道農業研究センターは、消費者に安全・安心な農産物を届けようと努力している農家の負担を楽にするため、これまで紙に記録していた農薬や肥料の使用量などを、パソコンやスマートホンを使って楽に、正確に記録できるインターネット上で動くアプリ「apras(アプラス)」を開発しました。

 [2015-2-27]