カテゴリータイトル

耕作放棄地対策

すべての記事を読む

第7回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰 全国農業会議所会長特別賞 長野県 一般社団法人月誉平栗の里

放棄地4.5ヘクタール集積してクリ栽培
 戦時中に開墾した田畑で形成される長野県飯島町月誉平地区。鳥獣被害で耕作者が減り、後継者不足もあって地区一帯が荒廃する状況にあった。
 これを救ったのが(一社)月誉平栗の里の代表・平澤晃さん(74)だ。地元の状況に心を痛め、「信州伊那栗」のブランド化を進める町の動きに共感。「将来まで農地を守るためには全員の参加が必要」と地区の地権者全員が参加する法人を立ち上げた。クリの卸先である菓子製造会社やJAなど幅広い賛同者を得つつ、地権者の主導権が確保できる一般社団法人を選択した。

写真説明=活動4年目の再生農地には立派なクリの木が育っている

 [2015-4-24]