カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

絹から生まれた化粧品

 カイコは「ガ」の仲間で、中国でクワコという野生のガを家畜化したのが始まりと言われています。カイコは幼虫から蛹になる時に糸を吐き出して繭を作ります。この繭の糸を紡いで絹糸を作り、絹糸を織った布から、しなやかな手触りで光沢のある衣服を仕立てることができます。

 [2015-6-26]