カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

食・農・生活情報 食育(5) 食育普及のカギ握る加工品

 地産地消を核に食育の推進を考えていく場合、手作りの良さを生かす食品加工にどう取り組むかが課題である。消費者の安全性に対する要求は高まる一方のなか、農家の小規模な加工施設でも、認証とはいかないまでもHACCP対応の高い衛生管理が求められる時代になった。佐賀県の合同会社・佐賀市漁村女性の会は、漁協の旧事務所を改装した施設でHACCP対応を整え、生協や大手商社などとの取引を行っている。

写真説明=作業場の入り口はビニールの天幕で仕切られ髪の毛などの異物除去を徹底

 [2015-8-7]