カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

食・農・生活情報 生涯現役 バジルの産地化進む 新規導入希望者順番待ち 大分・国東市 くにみ農産加工(有)

 高齢化率が約47%の大分県国東市国見町で、バジルの産地化が進んでいる。初年度の1999年度はわずか約2トンだった生産量が、昨年度は156トン。120人ほどの生産者の平均年齢は約68歳。軽量で高齢者でも栽培・収穫しやすい上、契約栽培で価格が安定しているため、新規参入希望者が後を絶たない。

 [2015-8-28]