カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

食・農・生活情報 地産地消(5) 学校給食に地元食材を 静岡・袋井市 毎日1万食を提供

 静岡県袋井市では、地元産の食材を積極的に学校給食に活用しようと、使用頻度の高い食材10品目をベースに地産地消率の目標値を設定している。生産者の協力のもと年々使用量を増やし、市内3か所の給食センターでは毎日1万500食の給食を提供する。

写真説明=地元食材を使った学校給食

 [2015-9-18]