カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

土の水分調節で、楽に、スクスク作物づくり

 水田の経営面積が大きくなると水を入れる前に種もみをまく(田植えをしない)手間をかけない稲作りが有効ですが、発芽の時期が天候に影響されがちです。また、水田は水がたまりやすいため畑として利用して小麦や大豆を育てると土の水分の調節が難しく、収量が減ったり、品質が低下することがあります。

 [2015-10-2]