カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

食・農・生活情報 生涯現役(9) 豪雪地帯の一人暮らしでも 老後を豊かに過ごしたい 新潟・魚沼市 笑顔の里

 新潟県魚沼市のNPO法人・笑顔の里は、全国に先駆けて山菜と野菜の「庭先集荷」を開始。高齢者が採取、栽培したものを庭先まで取りに行く手法が生産意欲を高め、出荷者数は現在250人に。念願の加工所を併設した高齢者住宅も年内着工の予定だ。

写真説明=「笑顔の里」の大島雪子理事長(前列右)と金田薫専務(後列右)

 [2016-2-26]