カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

「芝が畦を強くする?」〜二重ネット工法で農村の畦畔法面に芝を植栽〜

 棚田は日本の伝統的な里山の風景になっています。田んぼに水が入り、周りの山などの風景が水面に映える風景は目を見張るものがあります。田んぼの水は、四方に土を盛り上げた畦(あぜ)によって蓄えられています。この畦のことを畦畔(けいはん)と呼んでいます。農家の方々は、田んぼの水を出し入れするだけでなく、畦畔に雑草が増えないよう日頃から草刈りを行い、稲の成長を見守っています。

 [2016-7-22]