カテゴリータイトル

くらしと文化

すべての記事を読む

家族の命とくらしを守る防災・減災対策

 阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震……。大地震はもう人ごとではない。にもかかわらず、防災・減災対策がなかなか進まないのは、「地震はいつか来ると思っているが、今日・明日は来ないだろう」と考えている人が多いからだ。家族の命とくらしを守るために、今日からできることは何だろうか。『もしものときに役立つ わが家の防災ハンドブック』(家の光協会)を監修した防災・危機管理アドバイザーの山村武彦さんに話をうかがった。

 [2016-8-12]