カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

食・農・生活情報 生涯現役(14) 郷土食の魅力発信し集落守る 岩手・一関市 京津畑やまあい工房

 急速に進む集落の高齢化に活路を開こうと、集落に暮らす50〜80代の女性たちが農事組合法人「京津畑やまあい工房」(岩手県一関市、懸田等代表理事)を発足。郷土食の製造・販売を通じ、食の魅力を発信しながら集落を盛り上げる。手作り弁当の配達も始め、高齢世帯の食生活も支えている。

写真説明=京津畑やまあい工房のメンバーら

 [2016-8-26]