カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

食品アクセス調査 「不便や苦労」27% 背景に商店廃業など

 農水省は8月30日、一般消費者や農業者などへ行った買い物弱者を含む食料品アクセス問題に関する意識調査の結果を発表した。食料品を買うのに「不便や苦労を感じることがある」が20%、「不便や苦労がある」が7%となり、27%の人が食料品の調達に難しさを覚えていることが分かった。

 [2016-9-9]