カテゴリータイトル

食育・地産地消

すべての記事を読む

食・農・生活情報 地産地消(18) 地元農家が商品選別し店づくり 千葉・柏市 「道の駅しょうなん」

 都市のイメージが強い千葉県柏市だが、市街地を出ると豊かな田畑が一面に広がる。カブ、ネギ、ホウレンソウは全国でも上位の生産高を上げるほど野菜の栽培が盛んだ。その地にある「道の駅しょうなん」(農産物直売所)は、農業のプロ集団が商品の選別から店づくりまで行う。新鮮な野菜を求め、毎日地域内外のお客でにぎわう。

 [2016-11-18]