カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

食・農・生活情報 生涯現役(17) 遊休農地活用しオリジナル納豆 山梨・大月市 「大月大豆倶楽部」

 元会社員や教員などが定年退職後、地域づくりの思いを胸に「大月大豆倶楽部」(山梨県大月市)を結成した。遊休農地を活用して大豆を栽培し、地元の納豆製造業者に加工を委託。オリジナル納豆の販売で、遊休農地の活用、地産地消、特産品づくりを実現している。

写真説明=丹精こめた大豆を手に。右から中村順一郎さん、渡辺勲さん、星野貞文さん

 [2016-11-25]