カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 積極的に地元産利用 “手作り”の学校給食 兵庫・宍栗市学校給食センター

 手作りの学校給食に地元産食材を積極的に取り入れる「宍粟市学校給食センター」(兵庫県宍粟市)。食材の地産地消率は63.8%(2015年度)と全国平均(26.9%、農水省調べ)の2倍以上の実績を誇る。子どもたちの健やかな成長への思いに加え、基幹産業の農業を身近に感じてほしいと、同センターは地域農家と連携して食材を調達する。

写真説明=兵庫県産食材100%で作られた「ふるさと献立の日」のメニュー。11月はごはん、みそおでん、揚げカレイ、ハクサイとワカメのあえ物

 [2016-12-16]