カテゴリータイトル

新規就農

すべての記事を読む

貴重な人材 確実に担い手へ

 国の二大新規就農対策「農業次世代人材投資事業(旧青年就農給付金事業)」と「農の雇用事業」が要件を変える。農業次世代人材投資事業は市町村にサポート体制の構築を求め、農の雇用事業はこれまで以上に従業員の育成と定着に力を入れる。ともに貴重な人材を確実に将来の担い手へと導く狙いだ。要件変更は、若返りを加速させることができるか。

写真説明=上司が見守る中、コーティング作業を学ぶ吉谷さん

 [2017-3-31]