カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 高齢化・後継者不足に立ち向かう 京都・京丹後市 誠農海部

 中山間にある京都府京丹後市の集落営農法人「誠農海部(株)」(關昌弘社長、62)は農地の面的集積をはじめ、高収益作物の導入や圃場の汎用化などを駆使して、創立7年で売上高を5倍に増やした。今年2月には同町の他の法人と連携して農地のさらなる効率利用と経営の連携を目指す、集落の枠を超えた「ネットワーク」を設立。担い手自身にも迫りつつある高齢化や後継者不足といった新たな課題へ果敢に立ち向かっている。

写真説明=左から主力産品である加工用キャベツを手にする關社長と社員の吉岡武さん(35)、玉野亜里人さん(36)

 [2017-5-5]