カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

自治と農の融合(1) 広島・東広島市 ファーム・おだ(上)

 全国に先駆けて暮らし対策と農業対策の両輪で地域の立て直しを図るのが、広島県東広島市の小田地区だ。地域活動を支える「自治部門」と集落営農として農業生産・加工・販売を担う「農業収益部門」の両立が功を奏し、その手法は全国から注目を集める。こうした“自治と農の融合”対策がいま、地域再生を視野に各地の中山間地域で広がり始めている。その背景と各地の取り組みを連載で追う。

写真説明=地域存続の危機感を原動力に地域再生に取り組む小田地区の住民ら

 [2017-5-19]