カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 米バーガーで県産食材PR 石川・能美市 JA根上加工部会「ごはんば〜が」

 米の消費拡大と地産地消を狙いに、12年前にJA根上加工部会(石川県能美市)の女性部員らが開発した「ごはんば〜が」。特産品の加賀丸いもを混ぜたごはんに和のおかずを挟んだ米バーガーで、いまや年間1300万円を売り上げる人気商品に成長した。今月下旬からは、新たに能登地域とコラボしたご当地バーガーの販売もスタートする。北陸新幹線の開業で同県を訪れる観光客が増える中、ご当地バーガーのラインナップを増やし、広く県産食材のPRにつなげたいと意気込む。

写真説明=JA根上加工部会の女性部員ら(前列中央が浜田加代子代表)

 [2017-5-26]