カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

自治と農の融合(2) 地域産業の育成に力 広島・東広島市 ファーム・おだ(下)

 地域存続の危機感を原動力に、住民主体の地域づくりを始めた広島県東広島市小田地区。
 なかでも大きく方向転換を図ったのが地域農業対策だ。1戸の平均経営面積70アールの零細経営から、2005年の集落営農の法人化((株)ファーム・おだ)によって、103ヘクタールの大規模化を実現した。

写真説明=地域内外から訪れる1日の来客数は約100人

 [2017-5-26]